ko@k

 

 

                   このノウハウを手に入れて、

           あなたが得られるものは3つです。

 

1540_32 テレビ番組のすべらない話に出演している芸人のように面白い話ができる

 

1540_32 人を笑わせることに悩むことがなくなる

 

1540_32 日常のあらゆるシーンで誰もが自由自在に、人を笑わせる事ができる。

 

 

人を笑わせることは人間関係を円滑に進める技術でもあります。

 

それは恋愛においてもです。

 

そして、今まで友達にすることができなかったヒトも、

友達にすることができます。

 

笑わせる技術は、

人を信頼を勝ち取ることができ、ビジネスまでも円滑に進めることができるのです。

 

つまり、

人生におけるほとんどの目標をも達成できるのです。

 

とは言っても、

人を笑わせることは難しい!

 

もし、 「人を笑わせるためには、

頭の良さや頭の回転のスピード感が大事」

 「笑いを取るには、持ち味やスキルが大切だ」

こんなふうに思っている人はほんとに多くいる。

 

また、こうお考えのヒトの人間関係の状況は、

非常に深刻化されているパターンが十分ある。

 

 

具体的に言うと、人を笑わせられない人は、

たくさんおしゃべりをしているケースだと、

ずっと聞き役が進行している。

 

 

人の話をバックに、

愛想笑いを見せ、単に、うなずいているぐらい。

その場にいたとしても、

誰も気にしないような空気のような存在になっている。

 

 さらに、こちらは狙いで存在感を消しているのでは無く、

心の内では 「自分も人を笑わせてみたい!」

 「面白い話がしたい!」 と願っている。

一方、思っているだけ。

 

喋りの面白い友だちが口にしているのを眺めて、

 「自分もあの様になりたい・・・」 と嫉妬するのみ・・・・。

 

・・・・・ ひょっとしたら、あなたも上記にそっくりのケースにあるのではないか?

 

 

もしも、あなたが、人を笑わせることは困難と考えていて、

現在、人間関係がうまくいって無く、

そして、それを克服したいと思っているなら、

このページはあなたにとって重要だと感じる。

 

 

 そのワケは、このページでは、今日まで多くの人が笑わせたことがない人でも、

人を笑わせられるようになる理解しやすい戦略を公開をしているためだ。

 

頭の良さに反映されない。

感性やスキルがなくても、

人を笑わせることを成し遂げられるようになる効率的で、

具体的な会話術を披露している。

 

jpjo

 

ここまでの説明でも、

笑いがどれだけ個人の人生を豊かにするかお分かりだろう!

 

 

笑いの技術はしゃべることができたら、

誰でも身に着けることができるのです。

頭の良さやスキルや感性が重要と考えるが、

それは誤りである。

 

 

当然、才能やセンスがあるに越したことはない。

けれども、笑いにはそれなりの法則性があります。

 

 

その原則にそって、

フレーズを発すれば、かりに、これまで、

一回も人を笑わせた体験がないような持ち味がない人でも、

多数の高い割り合いで人を笑わせられます。

 

 

 また、それらの笑いの法則性をあなたは生み出す必要もない。

 ノウハウには笑いの法則性についてのわかりやすいご案内をしている。

 

 

 その結果、あなたは笑いの法則性を暗記するだけで、

人を笑わせることが出来てしまう。

 

 

 私たちに笑いの法則性が必要なのは、

料理人に調理器具が必要なことと同等のものだろうと思う。

 

 

私たちも笑いの法則性が揃っていて、

ようやく、笑いを作ることが叶う。

 

そして、もう一つのポイントがある。

 

ここはすごく重要なので、期待して聞いて欲しい。

 

 

それは・・・ 私たち一般人が、

具体的にどうすれば、テレビに出ているお笑い芸人のような話術が身に付くか?

 

 

  教材の中では、芸人のような面白い話をする方法について、

懇切丁寧に話をしている。

 

 まさに、笑いの法則性を覚えれば、

日常シーンのさまざまな現場で、

人との対話の中で人を笑わせることができる。

 

 

そこで私は、

笑いを生み出す法則性と面白い話しを身に着ける方法を、

ノウハウとしてまとめました。

 

 

僕はこのノウハウの名称を「プロの話術を身に着ける方法」にしました。

 

なぜかというと、

笑いを生み出す面白い発想ができれば、

プロの話術に達成することも可能だからです。

 

kopk

なぜ、逆算で考えることで、

誰しもが人を笑わせられることができるのか?

 

具体的な例をあげて説明しよう。

 

例えば、

「私の彼は柔道三段!優しさも三段!」

「お前の長所は足が速いこと。短所は手が早いこと!」

「俺は泳ぎがうまいから絶対におぼれない。もちろん女にもおぼれないぜ!」

このような「うまい事言った!」というタイプの笑いがあると思う。

 

 

これらタイプのセリフに注目して欲しい。

すると?

 

これらタイプのセリフはすべて、述語が揃っているということがわかる。

 

そう、つまり、逆に言えば、述語が揃っているセリフに対して人は

「うまいこと言ったね、それ!」と感じるのだ。

 

だから、私たちが、

この「うまいこと言った!」というタイプの笑いを起こしたいのであれば、

実はやることはそれほど難しくない。

 

 

同じように、最初のセリフと後のセリフの述語をそろえてやればいいのだ。

例えば、

「俺の髪の毛は薄い。財布も薄い」

 

このように、述語をそろえることによって、

誰しもが「うまいこと言った!」というタイプの笑いを生みだすことが可能となるのである。

 

これが、逆算という考え方である。

少しややこしいがわかるだろうか?

 

笑いのメカニズムや理論を解明するのではない。

 

笑いが起こった時、その事実に着目をする。

そして、

「どうして笑いが起きたのか?」
「なぜ、笑いが起きたのか?」

を分析をする。

 

すると、「このような法則で笑いが起きている」
という言わば笑いのパターン的なものが見つかる。

 

それらパターンを集めることによって、
人を笑わせられるようになることを目指すと言う考え方だ。

 

 

そして、それら集めた笑いのパターンを私ができるだけたくさん発見し、
それらパターンを教えることによって、

誰しもが人を笑わせられるようになるのでは?

と考えたのである。

 

 

簡単な図で表すと以下の通りである。

 

l@pl

 

私はこの逆算の考えに気づいてから、自分の過去を思い返して、
友人たちとの会話の中から、

様々なお笑い番組、お笑いDVDなどの中から、笑いのパターンを探すことに没頭した。

 

そして、数ヶ月後、多くの笑いのパターンを発見することができた。

 

笑いは進化していくものなので、これ以上増える可能性はかなり高いが
現時点で、思い当たるすべての笑いのパターンを洗い出すことができた。

 

 

それから、数多の笑いのパターンが
見つかったところで、私はこれらを教材としてまとめる作業に入った。

 

しかし、この教材の作成も困難を極めることとなった。

笑いのパターンそのものは解明することができた。

 

 

それを文章としてわかりやすく表現しなければいけない。

難しい言葉で難しく説明することは誰にでもできる。

 

一度でも文章を書いた人ならわかると思うが、
わかりやすい言葉で、わかりやすく説明することは容易ではない。

 

 

誰でも理解できるようにするために、
私は一度書きあげた物を、

何度も何度も推敲し、何度も何度も修正を重ねた。

 

 

教材を読んだ人が、イメージがしやすいように、

笑いのパターンを使用した具体的な例なども、

豊富に盛り込むように心がけながら執筆作業を続けた。

 

 

そして、半年後、ようやく笑いの会話術の教材を完成させることができた。

 

fk@ewofk

まず、モニターとして参加してくれた人のうち、
アンケートに答えてくれたのは13人のうち10人。

 

アンケートに答えてくれなかった人が、

どういう結果だったのかはわからない。

 

 

しかし、回答してくれた10人の方は個人差があれ、
少なくとも効果を感じてくれたという結果がでた。

 

 

つまり、76%の人に効果がでたという結果になった。

ただ、女性は少し効果が出にくかった感が否めない。

 

 

しかし、私はそもそも笑いというものは、

男性寄りのものであると思う。

 

 

あくまでも個人的見解であるが、

ノウハウうんぬんではなく、
単純に女性は男性に比べ、

効果がでるまでに時間がかかる場合が多いと思う。

・・・・・

 

モニターの結果で、この教材が私以外の人でも、

人を笑わせられるようになることがわかった。

 

 

私は鼻息を荒くして、さらにモニターの意見なども取り入れつつ、
女性にも効果がでやすいような工夫も加え、

また数ヶ月をかけて教材の改良をおこなった。

 

 

そして、ようやく、改良も終え、教材を完成させることができた。

この教材のタイトルは、皆に達成して欲しい目標をそのままタイトルとし、

『プロの話術を身に着ける方法』とした。

 

それでは、この『プロの話術を身に着ける方法』満を持して、

あなたにも公開したいと思う。

 

 

koop

では、この『プロの話術を身に着ける方法』について詳しく説明していきたいと思う。

まず、多くの人が最も気になること。

 

 

それは

「この教材は、他の教材と、どこが違うのか?」

ということであろう。

 

この人を笑わせる会話術という教材には、際立った特徴が4つある。

 

それが、他の教材との決定的な違いとなる。

順に紹介しよう。

 

まず1つ目。

 

 

これは繰り返しになるが、

笑いのパターンに沿って、
言葉を発すれば、人を笑わせられることが可能であるという点。

 

 

多くの人は、面白い人になるためには、人を笑わせるためには、
頭の良さや才能やセンスが必要と思っているが、それは間違いである。

 

もちろん才能やセンスがあるに越したことはない。

しかし、笑いには一定のパターンが存在する。

 

そのパターンにそって言葉を発すれば、たとえ、
今まで一度も人を笑わせた経験がないようなセンスがない人でも、
モニターの結果からもわかる通り、

かなりの高い確率で人を笑わせられるようになるのだ。

 

しかも、それら笑いのパターンをあなたは探す必要もない。

私が発見した笑いのパターンがある。

 

 

教材にはこの笑いのパターンについての詳しい解説をしている。

 

 

つまり、あなたはこの笑いのパターンを暗記するだけで、

人を笑わせることが可能になるということである。

 

 

「そうはいっても・・・そんなに簡単に人を笑わせられるようになるのかな・・・?」

と、あなたは、現時点では、にわかに信じがたいかもしれない。

現時点で無理に信じる必要はない。

 

しかし、私たちに笑いのパターンが必要なのは、
料理人に調理器具が必要なことと同じだろうと思う。

 

 

たとえ、道場六三郎であっても、
包丁や鍋やフライパンがなければ料理を作ることはできない。

野菜を切ることもできないし、肉に火を通すこともできない。

 

 

料理人が様々な調理器具があって、

はじめて料理が作ることができるのと同様に、

私たちも笑いのパターンがあってはじめて、

笑いを作ることができるのだと思う。

・・・・・

 

次に2つ目の特徴。

 

 

ここはかなり大切なので、注目して聞いて欲しい。

2つ目の特徴、それは・・・

 

 

私たち一般人が、

具体的にどうすれば すべらない話に出演している芸人と同じように、

面白い話ができるのか?について解説していることである。

 

 

「お笑い番組。あのすべらない話に
出演している芸人のように面白い話ができたらいいな~♪」

と考えている人は多いのではないだろうか?

 

 

また、ここまで話を聞いてきて、

「笑いのパターンで人を笑わせられるのはわかった。

 

でも、それと面白い話をするのは別の能力じゃないのか?
私は面白い話がしたいんだ。面白い話をする方法は教えてくれるのかな?」

と不安になっていた人がいるかもしれないが、この点にぬかりはないから安心して欲しい。

 

 

教材の中では、

すべらない話に出演している芸人のような面白い話をする方法について

詳しく話をしている。

 

 

たしかに、笑いのパターンを覚えれば、

日常シーンのあらゆる場面で、
人との会話のやり取りの中で、人を笑わせることが可能となる。

 

しかし、これは、言わばコメント力的な要素が強く、

面白い話をするのとは少し異なる。

 

 

そこで、教材の中では、笑いのパターンとは全く別の話として、

「面白い話をする方法」という話をしている。

 

 

例えば、オチの見つけ方、オチの作り方、
話の構成法、面白さが倍増するしゃべり方、マインド的要素にいたるまで。

 

今まで一度も面白い話をしたことがない人が、
面白い話ができるように、一から詳しく具体的なやり方を解説している。

 

要するに、人を笑わせる会話術という教材は

 

 

1:笑いのパターンを伝授する章

2:面白い話をする方法を伝授する章

 

 

この2章構成になっていると思ってくれて、差し支えない。

・・・・・

また、「面白い話をする方法」が

 

具体的にどんなノウハウなのかという事に振れておこう。

まず、多くの人は

「面白い話をすることは難しい」

と考えている。

 

それはなぜなのか?

 

様々な理由が考えられると思うが、それらの根本にあるのは

面白い話が見つからない。

からではないだろうか?

 

そもそも、単純に、面白い話がないから、
面白い話をすることが難しいと感じている人が多いのではないだろうか?

 

例えば、

「昨日、スーパーに買い物へ行って、肉を買った。」

こんな話なら誰でもできる。

 

しかし、こんな話はできない。

つまらないからだ。

 

だから、もっと面白い話を考えようとする。

しかし、自分の日常は平凡で、面白いことなんてめったに起こらない。

 

3日さかのぼっても、3週間さかのぼっても、3か月さかのぼっても
人様に話して、笑ってもらえるような面白い話が1つもみつからない。

 

 

このように、根本的に面白い話がないから
面白い話をすることが難しいと考える人が多いのではないだろうか?

 

しかし、逆に言えば、面白い話が簡単にポンポンと見つかるのであれば?

 

 

面白い話が湯水のごとく思い浮かぶのであれば、
あなたも、面白い話はできそうだと思わないだろうか?

 

この教材内に書かれている

「面白い話をする方法」の他とは違う部分であり斬新なノウハウ。

 

それは、面白い話を簡単に生み出すことができる点である。

 

 

実は、この画期的な方法を発見したのは、
ダウタウンのまっちゃんのすべらない話を聞いていた時なのだが、
実はこの方法も、笑いのパターンと同様に

「逆算」

から発見したのだ。

 

これはあまり話しすぎると内容がわかってしまうため
控えさせてもらうが、実は、まっちゃんの話は、オチが平凡なことが多いのだ。

 

私たちの生活でも十分起こり得るくらいの、

言わば、弱いオチの場合が多いのである。

 

しかし、まっちゃんは、その平凡で弱いオチで確実に笑いをとっている。

 

それができるのは、まっちゃんが逆算して
面白い話を構成しているからだということを発見したのである。

 

 

つまり、私たちもまっちゃんと同じように、
逆算して話を構成するようにすれば、
特別面白いオチでなくても面白い話をすることが可能となるというわけだ。

 

 

これが「面白い話をする方法」の核となるノウハウになる。

・・・・・

 

では、次に、3つ目の特徴。

 

これは私なりに、かなりこだわった点なのだが、それは

人に“笑われる”会話術、ではなく、
人を“笑わせる”会話術になるように構成した点である。

 

例えば、芸人にしても、
人に笑われるタイプの芸人と、人を笑わせる芸人に分けられると思う。

 

例えば、笑わせるタイプの芸人は、

ダウンタウンの2人、千原ジュニアさん、

ロンドンブーツ田村淳さん、雨上がり決死隊、宮迫博之さんなど。

 

 

逆に、人に笑われるタイプの芸人は、

出川哲郎さんや山崎邦正さん、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんなど。

 

 

彼ら笑われるタイプの芸人は、天然的に間違いや失敗を起こし、
それを他の芸人にツッコまれたり、いじられたりして、笑いを起こす。

 

彼らは、笑いが起きれば、形にはこだわらない。

笑いの量がそのまま収入に直結するからだ。

 

 

しかし、私たち一般人が彼らと同じ真似はできるだろうか?

いや、そもそも、彼らの真似をしたいと思う人がいるだろうか?

恐らくほとんどの人はしたくないだろう。

 

 

なぜなら、彼らのような自虐的な笑いしか取れなければ、周りの人から

「人間的な価値が低い」

とレッテルを貼られてしまうからだ。

 

 

そして、ツッコミ、いじり、からかいがエスカレートして、
いじめやのけもの扱いにされることも少ないからだ。

 

現に、私のクライアントさんの中には、この状態になっている人がとても多い。

実は私の過去も同じであった。

 

 

私も過去は、人からからかわれたり、いじられたり、
自分の意図しない間違いや失敗でしか笑いが取れなくて、
周りから蔑まされた目で見られることが多くて辛い思いをしてきた。

 

 

だからこそ、この教材では、“笑われる”ではなく、“笑わせる”こと追及している

いかにして、人をユニークに笑わせて、

周りから「面白い人」「頭がいい人」「ユーモアセンスのある人」と思われるか?

 

 

言わば、ステータスが高い人だと思わせることができる笑いに重点を置いている。

具体的に言えば、例えば、自分に「デブキャラ」「ハゲキャラ」をつける。

 

このようなキャラクターをつけて笑いを
取ったりするとか、そういう笑いについては、ほぼ触れていない。

 

 

もちろん少しは入っているが、大部分は

「人を意図的に笑わせ、あなたの存在価値を周りに認めさせるための笑い」

これに重点を置いている。

 

あなたは、密かに「あいつみたい面白い人になれたら・・・」と憧れてたり、

嫉妬している人がいるのではないだろうか?

 

この教材に参加すれば、

彼や彼女のような存在に“あなた”が取って代わることも全然不可能ではないのだ。

・・・・

 

そして、最後4つ目の特徴あるが、それは

下ネタの極力排除である。

 

下ネタはうまく使えば、大爆笑を取れる強力な武器になりうる。

 

しかし、使い方を少しでも間違えれば、周りをドン引きさせ、
自分のステータスを奈落の底まで落としうることになりかねない。

 

 

 

しかも、下ネタというのは、受け取り方の個人差が大きく、

自分ではオッケーだと思っている場合があっても、

相手にとったら不快な場合も多く、

それに気づかずに使っている場合も多く、扱いが非常に難しい。

 

 

また、女性は、ほとんど使えないという特性もある。

そこで、この教材では、下ネタの類は、極力排除した。

 

なので、本来男寄りになりがちは「笑い」ではあるが、
女性も使用しやすい内容になっているところは、他の教材と違う部分になるだろう。

 

以上4つ。

 

さらに無期限・無制限のメールサポートをお付けします。

 

 

別に笑いに関係しなくても、会話に関係しなくても、どんな悩みでも相談してくれていい。

私が答えられる範囲で、できる限り即日、遅くても3日以内に返信をさせていただく。

ただ、正直メールサポートは時間的、体力的な負担がとても大きい。

 

なので、相談者が多くなってしまった場合は、メールサポートの中止。

並びに、教材そのものを一時販売停止する可能性もあるので、その点ご了承いただきたい。

 

教材への参加費は?

 

それでは、教材の参加費について話をしたいと思う。

教材の価格設定については非常に迷ったが、ズバリ

19800円にした。

 

「19800円!?一般的な書籍は
1500円~3000円くらいまでで買えるのに高すぎるよ!」

と思う人がいるかもしれない。

 

しかし、情報教材と一般の書籍は別物であると知っておいて欲しい。

一般の書籍は、本屋で大量に売る事が可能である。

 

しかし、情報教材は、自分で広告を打つなり、パートナーを募って
販売に協力してもらわなければならないので売れる数は限られている。

 

 

まず、そもそも販売プロセスの前提条件が違うのだ。

そして、内容に関しても、一般の書籍は、
大衆に広くウケるように内容を構成していて、ページ数などの制限もある。

 

 

しかし、情報教材は、かなりニッチ(少数)の悩みに対しても、
ターゲティングをしているし、今後、バージョンアップしページ数はドンドン増えていく。

さらには、フォローやサポートなどもついている。

 

例えるなら、一般の書籍はファミレスであり、情報商材は個人経営のレストラン。

要するに、情報商材は、値段が高い分、満足度も高いと言うことだ。

 

だから、一般の書籍と、情報販売は、
まったく別のもので比べることはできないと思って欲しい。

 

 

また、あなたに考えて欲しいのだが、一生死ぬまで使えるかもしれない
「笑いというスキル」を身につけるための19800円の投資。

 

 

1年先、3年先、5年先の将来をみすえたこの19800円の投資について、

これを高いと思うのか?安いと思うのか?

の最終判断はあなたに委ねたいと思う。

 

 

                             

 

 

お支払い方法

lll

 

⇒PayPal決済とは

 

⇒クレジットカードをお持ちでない方はコチラ

 

 

予想される質問について

 

教材について必ず聞かれる質問がいくつかある。

なので、ここでまとめて答えておきたいと思う。

 

他社と御社の教材の具体的な

違いはどういったところですか?

 

 

他社との教材に違いは以下の4つである。

 

1:笑いのパターンに沿って、言葉を発すれば、人を笑わせられることが可能である点。

 

 

2:私たち一般人が、

具体的にどうすればすべらない話に出演している芸人と同じように、

面白い話ができるのかについて詳しく解説をしている点。

 

 

3:人に“笑われる”会話術、ではなく、人を“笑わせる”会話術になるように構成している点。

 

 

4:女性でも同じ効果がでるようにするために、下ネタを極力排除している点である。

 

以上4つが他社の教材と違う点であり、本教材の特徴である。

 

 

また、これらについて詳しい話はこのページ内で詳しくしているのでそちらも一読して欲しい。

 

 

本当に人を笑わせられるようになりますか?

 

 

もちろん可能である。

 

しかし、当然ながら、実践、練習は必要であることは覚えておいて欲しい。

 

教材内に書かれているノウハウは決して魔法ではないからだ。

 

 

しかし、練習、行動、実践さえ、きちんとしていただければ、

現時点で76%の人には効果がでたというモニター結果実証されている。

 

 

つまり、「再現性がない」ということも、決してないのでその点は安心して欲しい。

 

 

私は50歳ですが、こんな私でも

人を笑わせられるようになりますか?

 

 

もちろん可能である。

 

なぜなら、教材内のノウハウに年齢によって、

制限がかかるものは1つも掲載していないからだ。

 

 

極端に言えば、10歳の子供であっても、

80歳のお年寄りであっても、使うことができるノウハウしか掲載していない。

 

 

よって、年齢による問題はないと考えている。

 

 

現に、モニターの方に1人50代の男性の方がいたが、

その人も問題なく効果が表れている。

 

 

人を笑わせるって
ことは単純に楽しい!!

 

ここまでで、私が伝えたいことはあらかた話し終えた。

私が伝えたかったことが、あなたに伝わっていることを願うばかりである。

そうだ。1つ言い忘れていたすごく大切なことがある。

それは・・・

 

人を笑わせるってことは単純に楽しいってことだ。

 

lp@

 

これは、美味しいものを食べて、

美味しいと感じるのと同じくらい単純なものだ。

・・・・・

よく、会話下手な人の悩みで

「私は一度も会話を楽しいと思ったことがありません」

というものがある。

 

こういう人の話をよくよく聞いてみると、
ほとんどの人は人の話を聞いているばかりになっている。

 

つまらないのは当然だ。

 

人間は、自分の話をしてはじめて会話が楽しいと感じることができるのだ。

 

 

こんなことを言うと必ず勘違いする人がいるため、

あらかじめ言っておくが、「話を聞くな」というわけではない。

 

 

もちろん人の話を聞くことは大切だが、

基本的に人間は人の話を聞くよりも、自分の話をする方が楽しいと感じるから、

話を聞こうとしすぎると、会話を楽しいと感じることなんて無理だよといっているのである。

 

なぜ、世の中から、会話下手な人がなくならないのか?

 

 

それは「聞き上手になること」が、

常識とされているからだと私は確信している。

 

多くの人が、人の話を聞くと言う

つまらないことを強制されているから、

会話本来の楽しさを実感できず、

会話下手なままで生涯を閉じてしまっていると私は感じている。

 

だから、私は思う。

 

「会話下手で悩んでいる人は、
とりあえず、つまらない、大変、苦しい聞き上手なんてやめないか?」と。

 

「まずは、楽しいと感じる人を笑わせることからはじめてみないか?」と。

 

「どうやって人を笑わせようかと考えるだけでもワクワクするし、
実際に自分の発言で人を笑わせられたら身震いするほど楽しいぞ?」と。

 

「そして、楽しいから、モチベーションもあがって、行動を継続できるようになる。
その結果として、人と仲良くなれて、人に好かれて、尊敬されるようになれるぞ?」

 

 

こう私は思うのだ。

いや、思うと言うよりも確信していると言っても過言ではない。

 

ここまで確信する理由は、

なにより、私が聞き上手になろうとしても、全然うまくいかなかったから。

 

私はその真逆。

 

自分の話を積極的にしていき、

人を笑わせることで人生が開けたから、こう思うのだ。

 

もし、あなたも、どちらかといえば、

普段から人の話を聞いてばかりいることが多くて、

あまり会話そのものを楽しいと感じたことがないのであれば、

この人を笑わせる会話術に参加することで、生まれ変われる可能性が高い。

 

 

笑いのパターンなどを使用して、人を笑わせる経験をすることで

「人を笑わせるって事はこんなに楽しんだ!」

「会話ってこんなに楽しいんだ!」

と、あなたは、会話の楽しさ、人と接する楽しさを肌で実感することができる。

 

楽しいから、あなたはもっと人を接したいと思うようになる。

たくさんの人と接するから、あなたは経験がドンドン増える。

 

経験をドンドン積んでいくから、スキル、技術もドンドンあがっていく。

そして、結果的に、友達ができ、恋人ができ、
仕事もうまくいくという好循環を生まれるのだろうと私は思っている。

 

だって、人間は楽しいことじゃないと続けられない。

あなたも、人を笑わせるという楽しいことから、はじめた方がいいと思わないだろうか?

 

想像して欲しい・・・

 

あなたは人を笑わせられるようになったら、何をしてみたいだろうか?

 

1540_32 たくさん友達を作りたい

 

1540_32 ママ友達とうまく付き合いたい

 

1540_32 理想的な恋人を作りたい

 

1540_32 幸せな結婚をしたい

 

1540_32 接客や営業など、仕事に役立てたい

 

1540_32 尊敬されたい

 

 

  

両手でも数え切れないほど、

たくさんの夢や願望があるのではないだろうか?

 

 

・・・・・

 

今、10秒だけでいいから、

人を笑わせられる人に生まれ変わった自分を想像してみて欲しい。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

想像してみただろうか?

恐らく、あなたが想像したものは曖昧なイメージだっただろう。

しかし、少なくとも、少なくともだ?

 

確実に今の生活よりは、

楽しそうな未来をイメージしたのではないだろうか?

 

 

例えば、あなたの周りには、

笑顔の人がたくさん集まっていてとてもにぎやか。

 

そして、あなたは、みんなと、楽しくワイワイやっている。

 

こんな楽しい未来を想像したのではないだろうか?

 

これまで話してきたとおり、

人を笑わせられる人になれれば、

確実に今より楽しい人生になる事は間違いない。

 

 

そして、それらすべては教材に参加することによって、

実現することは十分可能なのだ。

 

 

もし、あなたが

・日常的なシーンで、いつでも人を笑わせられるようになりたい。

・すべらない話に出演している芸人のように面白い話がしたい。

どちらかの願望を強く持っているなら、ぜひ教材に参加して欲しい。

 

教材の中にその答えがある。

 

以下のボタンをクリックして、購入ページに進んで欲しい。

 

             

          販売価格19800円

 

                                 

 

 

お支払い方法

lll

 

⇒PayPal決済とは

 

⇒クレジットカードをお持ちでない方はコチラ

 

 

追伸1: 

 

 

この教材は基本的に継続的に販売しようと思っている。

 

しかし、メールサポートの人数が増えすぎた場合、

販売を一時ストップする可能性がある。

 

それになにより、私がこの仕事をやめてしまう可能性も十分ある。

 

そもそも世の中に永遠のものなんて存在しないのだ。

よって、あなたが次回このページを訪れた時、

「404 Not Found」と接続エラーが表示された場合は、

販売が停止されたものだと理解して欲しい。

 

 

追伸2: 

 

私は才能(センス)という言葉が嫌いだ。

 

 

理由は単純。

私には才能(センス)がないからだ。

 

 

20前後だったかな?

 

自分に才能(センス)がないことを完全に自覚したのは。

 

 

いくら目をそむけようとしても、客観的に自分を見た時、

特別な才能(センス)がないことを受け入れざるをえなくなってしまった。

 

だからこそ私はムカつくのだ。

才能(センス)という言葉が。

 

特にちょっと可愛い子から、

「○○君って才能(センス)あるよね~」

なんて聞かされると、

「そうだね~」

なんて表面上では取り繕いながらも、心の中では

「クソッ」

とイラついてしまうのだ。

 

自分にはその才能(センス)が一グラムもないから、

どうしても怒りを抑えられなくなってしまう。

(教材から才能やセンスを一切排除したのもこんなところにある)

・・・・・

 

あまりのも才能(センス)という言葉が嫌いなので、

少し前にこの問題について深く考えたことがある。

 

才能(センス)とは一体何なのか?

恐らく世間一般的においてのイメージは、

 

「よーい、ドン!!みんなで一斉にスタートを切って、

比較的初期段階において周りの人よりも早く成果を出す能力」

ではないだろうかと思う。

 

 

例えば、仮にみんな初心者として野球部に入部したとして、

一番にカーブが投げられるようになった者に対して、

人は

「あの人は才能(センス)があるね」

という風に使うものだと思う。

もちろん世の中は”競争社会”だ。

 

ライバルと切磋琢磨することでお互いが成長できるという面がある。

 

しかし、である。

一方では競争に敗れ、挫折していくものも多く生む負の面もある。

さらに、それよりも、問題になることが私はあると思った。

 

世間一般で言われる才能(センス)という言葉は、

本質的で大切なことを忘れさせてしまう。

 

 

それは

【私たちが本当に求めていることは、競争に勝つことじゃないってこと】

【私たちが本当に求めていることは、自分が達成したいことを達成すること】

これを忘れがちにさせてしまうと思うのだ。

 

 

たしかに、他人と競争して勝たないと、目標を達成できないことも多々ある。

例えば、スポーツなどはすべてそうだろう。

 

しかし、逆に競争をする必要がないものも多い。

例えば、「人を笑わせられる人間になること」なんて最も好例だろう。

 

芸人でもない限り、競い合って、誰より早く成果を出す必要など、どこにもない。

 

つまり、世間では、人より早く成果を出すことを才能(センス)と
人は呼ぶが、そもそも別に早く達成する必要もないことも世の中には多い。

 

人が半年で出来る事に対して、3年かかってもいいし、5年かかってもいい場合もある。

それよりも大切なのは、実際に達成できるかどうか。

これが私たちにとって大切なことだ。

 

だから、私の考えた結果はこう。

「俺には才能(センス)はない。しかし、そんなもの俺には必要ね~な」

と。

 

だって、今まで33年間生きてきて、
自分が達成したい目標はそれなりにクリアーできているから。

 

例えば、過去、会話下手だった自分を脱却できた

会話上手になれて、友達ができ、理想的な彼女ができ、モテるようもなれた。

 

 

例えば、ジビネスでは、現在こうやって独立して、仕事をして、ちゃんと飯を食えている。

今でも自分には才能があるとは一度も感じたことはないが
自分のやりたいことはできているし、同世代の人と比べても決して
負けないと自負できるから別に才能(センス)はいらないなと、現時点では思っている。

・・・・・・

 

あなたは自分のことをどう思ってるだろう?

 

 

もしかしたら、あなたも自分には、才能(センス)はないと感じているかもしれない。

周りにいる面白い友人を見て、

「自分はとてもあんな風にはできない・・・」

と嫉妬しながら眺めているだけかもしれない。

 

 

しかし、説明したとおり、笑いをマスターするにあたって才能(センス)必要ない。

もちろんあるに越したことはない。

 

しかし、世間的に言われる才能(センス)なんてものは
早く成果を出せる能力であるが、焦って人を笑わせられるようになる必要は全然ない。

 

あなたはあなたのペースで笑いを学んでいけばいい。

そうすれば、必ず人を笑わせられるようになるだろう。

 

だって、そもそも世の中には、

お笑い芸人以外、誰も笑いの勉強なんてしてないんだから。

 

あなたにほとんど才能(センス)なかったとしても、

努力した分は確実に、周りより面白くなれるはずだ。

・・・・・・・

 

要するに、私が何を言いたかったかと言うと、

私たちが、本当に求めているのは、自分たちが達成したい目標を達成することだ。

だから、才能(センス)などという言葉に踊らされずマイペースでやっていこうよ。

ということである。

 

ただし、1つだけあなたに肝に銘じてほしいことがある。

 

やり続ける 

 

あまりにも、ありきたりな言葉だが、

簡単に諦めず粘り強く行動をし続けるってことは、

目標を達成するためには必須だと思う。

 

自分の経験、過去の偉人などを見て、

周りの尊敬する人達を見ても、
やはり失敗しても、挫折をしても諦めずに続けている者がなにかしらを達成していると思うからだ。

 

だから、もしあなたが教材に参加するのであれば、

「よし、最低でも1年間は、笑いの技術をマスターするためにがんばるぞ!」

この意思だけは持って参加して欲しいと思う。

 

このやり続ける意思さえあれば、

私は誰でも生まれ変わる事ができると思っているし、

そういう行動を続ける人に対しては、その人が変われるまで、

私は全力でサポートし続けようと決意している。

 

「人を笑わせられる人間に生まれ変わってみたい!」

 

こう決意している人は以下のクリックして、

ぜひ教材に参加して欲しい。

 
                                                    販売価格19800円

 

                                    

 

 

お支払い方法

lll

 

⇒PayPal決済とは

 

⇒クレジットカードをお持ちでない方はコチラ

 

 

 

 商品に関してのお問い合わせは

下記よりお願いします。

 

⇒お問い合わせはコチラ

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

Copyright (C) 2015  人間関係解決ナビ  All Rights Reserved.